• このエントリーをはてなブックマークに追加

脇の汗と銀座でのわきが治療について

脇の汗は洋服やシャツなどに濡れた状態で現れるので、人前などでは脇が濡れていないか否かを気にする人も少なくありません。 特に、夏場の暑い時期などは両脇が濡れているのが見えてしまうと恥ずかしいなどの感覚に陥る事もあります。 腋臭の症状を持つ場合には、両脇が濡れるだけでなく、匂いが出て来るので厄介です。 腋臭はアポクリン腺から分泌される液体が皮膚にある常在菌により分解されると分泌液に含まれている臭い成分が変化を起こし、腋臭特有の臭いになります。 東京の銀座には美容皮膚科などの診療科を持つクリックもあるので、こうした病院でわきが治療を受ける事も出来ます。 尚、治療法は手術や超音波を利用する方法、ボトックス注射などの方法がありますが、それぞれ症状に応じて効果が変わります。

外科手術は腋臭の症状が中度から重度の場合の治療法です

銀座の美容皮膚科では汗による悩みを解決するための色々な方法を用意している病院があります。 わきが治療は症状の度合いに応じて、自分に合う治療法が用意されています。 腋臭の症状は臭いがあるのが特徴で、単に両脇が濡れてしまい、洋服やシャツが湿った状態になるのとは異なります。 但し、臭いは症状の度合いに応じて変わります。 症状が中度以上の場合には自分でもその臭いに気が付きますが、軽度の場合には自分では気が付かないケースもあり、家族から腋臭である事を教えられるケースもあります。 治療法の中でも外科手術による手法は腋臭の症状を抑える事が出来る、手術を行う担当医の技術力が高ければ再発の可能性もなく完治するケース可能性もありますが、軽度の症状の場合は自分でも臭いに気が付かないなど手術による効果を実感出来ないケースもあるのです。

外科手術は傷跡が残りますが超音波やボトックスは傷が残らない

銀座エリアにある美容皮膚科でのわきが治療の中にはアポクリン腺からの汗をコントロールしてくれるボトックス注射を利用する方法、超音波を利用して、腋臭の原因となる分泌液をコントロールする超音波を使った治療法など、幾つかの手法の中から自分に合うものを選べる病院もあります。 手術による治療法は皮膚を切開するので傷跡が残りますが、ボトックス注射や超音波を利用する治療法はメスでの切開が要らないので傷跡が残らないなどのメリットもあります。 但し、ボトックス注射は注射液に含まれている薬剤が腋臭の原因とも言えるアポクリン腺の機能を一時的に弱まらせる、もしくは停止させる治療法で、薬剤の効果が切れると元の状態に戻ってしまします。 これに対して超音波を利用する方法は汗腺組織へのダメージを与えるため、持続効果が長く続くなどの違いがあります。